6月6日は『梅の日』です。

今年も梅の季節がやって参りました。


紀州梅の会様が制定された『梅の日』は室町時代 天文14年4月17日

新暦1545年6月6日に、京都・賀茂神社の例祭・葵祭で後奈良天皇が神事をされた

際に、『梅』が献上されたという故事にちなんで制定されたそうです。


長崎 西海道本舗も新梅の仕込に入りました。

新梅で『梅でショウガ!シロップ』と『梅でショウガ!クラッシュペーストジャム』の仕込開始です。

新梅は大粒南高梅、風光明媚な大村湾を眼下に見下ろす高台の梅畑で、たわわに実った新梅を早朝に収穫して製造所に持ち込みます。

新鮮なうちに持ち込まれた梅は徹底した水洗いを行い、数十万個の梅の蔕(ヘタ)取りを

一個一個人の手作業で取り除きます。(大変な作業です!)

更に水洗いし、あく抜きを行うため一晩漬け込む作業を行い、やっと準備ができます。

その後は、シロップ漬けを行いますが、梅のエキスを長期熟成させた、クエン酸タップリの

『梅でショウガ!シロップ』や『梅でショウガ!クラッシュペーストジャム』が作られて

まいります。


梅は昔から【三毒を断つ】と言われています。

【三毒】とは次の事を指していると言われています。

『水毒』とは体の中の水分の汚れ

『食毒』とは暴飲暴食や不規則な食生活からの、体内のバランスの乱れ

『血毒』とは血の汚れ

薬が稀な時代、自然食品の成分で体調を整えるために摂取していたのでしょう。

『梅でショウガ!シロップ』を冷たい炭酸水で割った梅アイスシロップやぬるめのお湯で割った梅ホットシロップ、パンやヨーグルトに『梅でショウガ!クラッシュペーストジャム』をのせて、来る暑い夏を爽やかに乗り切りましょう。