生姜の日 6月15日 はじかみ大祭


☆生姜の日は6月15日 

                             2009年に株式会社永谷園様が、日本記念日協会に登録・制定され、6月15日を「生姜の日」としています。石川県金沢市の北部、二日市町と花園八幡町に鎮座する香辛料の神をまつる神社の、「波自加弥(はじかみ)神社」で毎年この日に執り行われる「はじかみ大祭」に由来しているそうです。 

                                                                       それは、奈良時代に干ばつでこの地で多くの被害が出て、波自加弥神社に雨乞い祈願をしたところ、近くの谷より霊水が湧き出たそうです。この霊水は今でも湧き出ているそうです。                                          人々は干ばつでも自生していた生姜を献上し感謝の祭りを行った日が6月15日であったと言われ、この日が、『はじかみ大祭の日』になっているそうです。

                                               語源は古語で『(はじかみ)椒・薑』…口に入れて辛い物【ショウガ・ワサビ・サンショウ】などの香辛料を指しています。

生姜は、香辛料や薬味として広く用いられるほか、さまざまな薬効があるとされています。


(生姜の薬効)

血行促進・免疫力を高める・ダイエット効果・糖尿病のリスクを下げるなど昔から漢方薬に使われています。


自然栽培生姜4月頃種生姜の植付を行い、夏の暑さに耐えながら10月~11月頃収穫されます。

昨年好評の、長崎西海道本舗協業農園で収穫された『海道生姜』は、西海市の栄養豊富な玄武岩赤土で生育され、ジンゲロール・ショーガオールやポリフェノールやアミノ酸などが豊富に含まれた香り豊かな生姜です。




今年は梅雨が早く訪れ、夏の暑さも太平洋高気圧とチベット高気圧の2つの高気圧が居座り、更なる暑さが予測されています。


生姜は冬体を温めるだけではなく、夏に備えた【発汗作用】なども効果的と思われます。

          

長崎 西海道本舗の『梅でショウガ!シロップ』・『梅でショウガ!ジャム』・『柿でショウガ!』には西海市産の養分豊富な生姜を使っています。


『梅でショウガ!』シロップ・ジャム、更に西海市産の南高梅のクエン酸が含まれタップリの蜂蜜で熟成させた商品です。

この夏、冷たい炭酸水やヨーグルト、さっぱりとお料理の隠し味などにもご利用いただけます。


また、柿でショウガ!プレミアム』にはタップリの蜂蜜栄養豊富な干し柿が熟成された商品です。夏バテ防止に毎日少量ずつ召し上がって下さい。 

長崎 西海道本舗はおいしくて栄養豊富な自然素材を使い一つ一つ手作りの商品を発売しています。

是非、この夏を乗り切るためにも長崎 西海道本舗の『~でショウガ!』シリーズをお試しください。